11:00~20:00 定休日(月・火)

045-317-5315045-317-5315

大分の結婚適齢期さん必見!【若者が結婚しない理由】

毎年、右肩上がりになっている、日本の平均初婚年齢。

それは生涯未婚率の数値の上昇と、少子化への非常に深刻な問題に関わってきています。

現在20代〜30代の方々は、日本の将来を支える大切な存在ですが、そんな結婚適齢期の若者が結婚しない理由を徹底解説いたします。

「結婚したくてもできない」という、大きな理由にも関わってきますので、ぜひご参考にされてください。

〇25~34歳の未婚者に調査!現在独身の理由

【男性】

1位.適当な相手にめぐりあわない(45.3%)

2位.まだ必要性を感じない(29.5%)

3位.結婚資金が足りない(29.1%)


【女性】

1位.適当な相手にめぐりあわない(51.2%)

2位.自由や気楽さを失いたくない(31.2%)

3位.まだ必要性を感じない(23.9%)


数値は男女に違いがありましたが、どちらも圧倒的1位は「適当な相手にめぐりあわない」という事。
男性については、「まだ必要性を感じない」、「結婚資金が足りない」がほぼ同数で、年齢に対して焦りを感じていない方もいれば、逆に若さ故に経済的不安を抱えているのが現実のよう。

一方、女性は「自由や気楽さを失いたくない」という理由が2位に。
仕事を続けたい、家事、子育てに追われる日々を考え、今はもう少し独身生活を謳歌したいというのも理由に入るでしょう。


参考:国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」

〇男女未婚者(18歳~34歳)の結婚意思の調査

男女未婚者(18歳~34歳)に対し、

1.いずれは結婚するつもり

2.一生結婚するつもりはない

という2択で結婚意識の調査を行なった。


▼「いずれは結婚するつもり」と回答した方の割合

【男性】85.7%

【女性】89.3%


男性の方が比較的、結婚願望が薄いのが分かりますが、どちらにしても男女とも約9割もの割合で結婚したいと考えています。
ということは、現在結婚適齢期を過ぎた男女も、もとは結婚願望がきちんとある方が9割。

「いずれは結婚できる」と思って、日常生活を送ってきたのでしょう。
しかし、現在“出会い”のきっかけとなるものが年々減少し、「婚活をしなければ結婚できない」という深刻な問題になっているのです。


参考:国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」

〇日本人の「生涯未婚率」の最新データ

“生涯未婚率”とは、50歳まで一度も結婚したことのない人の割合のことを言います。そして、この値は、国が今後の人口を推計する時に用いる重要なデータとして扱われています。

▼2019年の男女別の生涯未婚率

【男性】23.37%

【女性】14.06%


上記のように、大きく男性の数値が上回る一つの理由として、未婚女性と再婚男性の結婚率の上昇が挙げられるとのこと。
離婚をされている人は、1度は誰かに選んでもらえた方です。女性が選ぶのも納得です。

推計によると、2020年以降は上昇が緩やかになる予想ですが、男性の生涯未婚率は2040年にはほぼ3割、女性も2割近くに達すると見込まれています。


参考:厚生労働省 人口動態調査

《 あなたの結婚で日本の未来が変わる!? 》

以上。
現在結婚を意識している未婚の男女は、上記を踏まえて本気で婚活と向き合わなければなりません。
これはあなただけの問題ではなく、ご両親、親戚からの期待、国の将来がかかっているのですから。

プロの婚活アドバイザーは、出会いからお見合い、交際、ご成婚までサポートいたします。
あなたの勇気ある1歩で、未来は変わります。
一緒に頑張っていきましょう。