11:00~20:00 定休日(月・火)

045-317-5315045-317-5315

大分サロンアドバイザーが教える40代の婚活必勝法

20代、30代とは違うということを認識すべし

まず40代で婚活を始める人に覚えていただきたいことです。20代や30代とは条件・スペックが違います。確実に若い時よりも条件は良くなくなっています。若い時と同じ感覚で結婚相手を求めたりしては結果が出ません。
ではどうしたら良いのでしょうか?ちょっと厳しい言い方になってしまいますが、
40代の婚活に必要なのは妥協です。重要な妥協すべき点を挙げてみましょう。

【相手の年齢】

 40代の男性は、結婚相手に30代、人によっては20代を求めています。たしかにそれで成功している例はありますが、多いとは言えません。やはり10以上の年の差は簡単ではないということです。せいぜい近い年齢、もしくは同年代を狙うとスムーズに結婚までたどり着くことが多いです。
40代の女性はと言うと、同じ40代の男性を求め、40代の男性と結婚できると信じている人が多いです。しかしそれは大間違いです。40代の男性は前述のように30代、20代を求めていますので、40代の女性は対象外なのです。
それでは40代女性が結婚する相手は何歳なのでしょうか?そう、50代、60代でどうでしょう。これで成功している例が多々あります。50代60代の男性にとって40代の女性は結婚相手にぴったりです。
このように、今まで考えていた結婚の条件と、現実ではだいぶかけ離れているということがわかります。ここでは、自分の考えを変え、結婚の条件を変えることが、結婚へ繋がる道だと思ってください。

【容姿・年収】

 男女ともに40代の婚活の中で、条件に入れないで欲しい、もしくは条件の中で優先順位を低くしていただきたいのが「容姿」です。40代の婚活に容姿は関係ありません。ただでさえ、自分自身の年齢が不利になっているのですから、相手の容姿なんか求めていたら、何十年活動しても結婚相手は見つかりません。
また女性においては、男性の年収も条件の中での優先順位を下げましょう。もちろん、生活できるだけの年収は無いと困りますが、必要以上に高い年収を求めるのはやめましょう。
ただ、前述の年齢にあるように、50代60代の男性との結婚だと、経済的に余裕があって、しかも自分は働かないで、しかも年下ということで可愛がってくれるという傾向があります。やはり40代女性には50代60代男性が良いですね。

自己分析と自分を変えること

40代の人はバブル時代を経験し、誕生日やクリスマスには高級ホテルでディナー、マイカーはハイソカー、デート代は男性が払うのが当たり前、会社からはタクシー券・・・なんてことがいまだに体から抜けない。
男性は外で仕事、家事や子育てはできれば奥様に任せたい。女性は家庭を守るのと子育て。
そんな時代でした。
男性は今の時代に合わない「亭主関白」的なところがあり、女性はバブル時代の余韻からなのか、自分からアプローチできないという人も多いようです。
時代は変わり、男女雇用機会均等法も施行されて、女性の社会的地位も確立され、今の時代は女性からアプローチすることが普通の時代です。今の20代を見てください。むしろ男性より女性のほうが積極的だったりします。40代もそれで良いのです。
男女ともに、過去の自分の中にある常識は捨て、自己流での婚活にサヨナラしましょう。
40代にもなって、新しいことを始めるのはキツイかもしれませんが、今までが自己流で成功しなかったのですから、ここは謙虚な気持ちをもって他人に教えてもらうしかありません。

これからの活動

出会ってから結婚を決意するまでの期間はどれくらいが良いと思いますか?
まさか1年とか2年とか言っている人はいないですよね?
半年でも長いくらいです。実は我々結婚相談所で活動をしている人は、成功者の平均を見ると約3ヶ月です。
はじめて会って、2回目、3回目のデートして、4回目で「結婚を前提にお付き合い」を告白し、「結婚してください」のプロポーズまで3ヶ月ですよ。
特に40代以上の人はこのスピード感を重視してください。結婚する人は動きが早いのです!
で、その前に出会うことが必要となりますが、さてどこで出会いましょうか?
出会う場所・きっかけがなかったからここまで来てしまったのだと思います。
それなら「結婚したい人が集まる場所」に行かないと!
それは結婚相談所です。婚活パーティーでも婚活サイトでも街コンでもありません。本気で結婚をすぐに考えている人の集まりです。
ご本人が本気なら、我々アドバイザーも本気です。一緒に二人三脚で結婚というゴールに向かって突き進みましょう!(結婚はゴールではなくスタートなのですが、婚活においてはゴールという言い方をしますので、ご了承ください)


40代の婚活について、ちょっと厳しめに書いちゃいました。気を悪くなさらないでくださいね。それだけ私は本気だってことです。40代の皆さん、お待ちしていますよ。